横浜市 T様邸      沖縄の「綿狭柄」 

沖縄の伝統的な帯、ミンサー織の柄を踏面や蹴上部分に埋め込み、全体的に洗い出し施工を行っています。
ミンサー柄の四つと五つの四角柄の意味は、約400年前に八重山地方の週間で、男性に求婚された女性が、その返事代わりに、幅の狭い織物を織り、その男性に贈ったことから、綿でできた幅の狭い織物「綿狭(ミンサー)」となったと言われているそうです。柄の特徴として、五つの四角が「いつの」を表し、四つの四角が「世」を意味していて、短い横縞を連続させる「ムカデの足」柄は、「足しげく」にちなむそうです。意味としては「いつの世までも、足しげく私の元に通ってください」という意味があり、藍を何度も重ねて染めることから「愛を重ねて」という意味も含まれると言われているそうです。素敵ですね。
1 (2)
2

洗い出しに使用した白砂利と1つ1つサイズの異なるアンティークレンガ、埋め込んだガラスのミンサー柄模様

3

ポイントにシーサー(沖縄の伝説の獣)の焼き物(施主様ご支給)。

4

沖縄を連想させる明るくさわやかなアプローチを演出しています。表札は年に数回行く沖縄で注文された手作り表札です。門袖には、琉球石灰岩を貼り、右側の2段の石棚には、ここにもシーサーをとデザイナーが入れました。

5

階段から下りきた人限定で見れる門袖後ろ面にも石棚を設置。何が置かれるか楽しみです。

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">