横浜市 H邸      LIXIL:+Gスクリーン

+Gスクリーン横格子タイプ・人工木デッキ/樹ら楽ステージ・ジオーナフェンスYP型・デザイナーズパーツ
以前もとてもおしゃれなラティスフェンスとウッドデッキでしたが、天然木のウッドデッキがだいぶ痛んでいました。   今回は明るい洋風のお家に合わせて、腐らないように人工木デッキと+Gスクリーンとアルミ形材のフェンスでリフォームです。全体をどうまとめるかで悩みましたがお庭の工事を終えてH様から『お部屋が明るくなって快適になり毎日ときめいています』と嬉しいコメントを頂きました。
1
2-1

Bfore
隣地の視線が気にならない高さや、部屋の内側から見た場合どうなるか等を入念にH様と打合せをしました。

3

After
道路側の+Gスクリーンと庭側のアルミ形材フェンスは高さを揃えてすっきりとした仕上がりです。

4

Bfore
以前はラティスパネルだったので隙間から道路を歩く人の目線が気になっていました。

5 - コピー

After
道路から見ても+Gスクリーンの横格子にクリアマットパネルがついているので視線を遮ることができています。また、デッキ下部分も木目調のアルミ形材を取り付けて一体感を出しました。

6

Bfore
室内からの眺めです。

7

After
+Gスクリーンは明るい木目調の色を選び、高さはありますがクリアマットパネルで外からの視界を遮りつつ採光性を確保しました。人工木デッキはリビングと近い色を選んだので、全体が調和して広々と明るい印象です。

8

+Gスクリーンはスタンダードな横ラインのデザイン。大きめのパネルですっきりとしたバランスのとれた外観に仕上がります。

9

+Gスクリーンの横には爽やかなシマトネリコ株立ちを鉢植えにして置きました。今回、H様はお部屋とデッキの空間が明るく広くなるメンテナンスフリーの商材をいろいろ探されていました。一緒に色や素材、収まりのことなどご相談させて頂きながらステキ空間づくりが完成しました!

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">