逗子市 K様邸のフェンス:アルミからウリンへ

まだ小さいけれど元気いっぱい好奇心旺盛なお孫さんと、こちらもパワフル愛犬カイちゃんがいっしょに外に出られるように、 フェンスで囲ったウッドデッキをつくりました。また、元々アルミのフェンスだったところもあわせてウリンのフェンスにつくり替え。 素材で雰囲気がガラっと変わります!
1
2.Before

Before
ワンちゃんが外へ出ないように網をかけていたフェンス。

3

ウリンのフェンスに変えたことで雰囲気もナチュラルに。 また、適度に視線を遮れます。門扉はまだしっかりしていたので敢えてアルミのものを残しました。

4.Before

Before
お庭の中からのBefore – After比較です。

5

ナチュラルな感じになりました。

6

デッキの内側から。ウッドに緑が映えます。

こちらはお孫さんのお気に入りの場所になっているそうです♪

合成竹垣のある空間

『和』の雰囲気を創りだす御簾垣シリーズです。
耐久性を選んで合成素材を活用していますが、お庭の一部としての演出だけでなく、お隣や道路との仕切りとしても落ち着きのある空間を築きます。
1
2

横浜市 A様邸
1:道路沿いの仕切りフェンスとして活用。高さ600mmです。

3

2:飽きのこないデザインも魅力です。

4

横浜市 D様邸
1:坪庭には欠かせないです。

5

2:竹垣イメージを合わせた枝折戸(しおりど)。

6

横浜市 O様邸 
日陰においても明るさと和みがある空間を演出。高さ1800mmです。

横浜市 K様邸      3種類のパーゴラとフェンス

用途や場所にあわせて作った3種類のパーゴラです。つる植物の成長はまだまだ進行中です。 フェンスやパーゴラが季節により変わっていくのが楽しい所ですね。使用している木材は全てウリン材です。
1
2

六角形のガゼボ風パーゴラ。施工後です。ベンチもあります。外用コンセントも!!

3

一年半後です。黄色と白のモッコウバラが半分まで覆っています。あと少しでモッコウバラのガゼボに。

4(2)

ほぼ全部覆いました。緑に覆われたこの場所は中に入ると別空間があります。、くの字ベンチでお昼寝したり、のんびりお茶を飲んだりとなんとも落ち着きます。ご来客があった時もここで語らったりするそうです。愛犬ナナちゃんもお気に入りの場所ですね。

5

駐車場上のぶどう用パーゴラ&フェンスです。フォーカルポイントのレンガ水栓の借景にもなっています。

6

車一台分の大きさです。ぶどうは二種類 ・デラウェア ・マスカットを植えています。

7

駐車場上パーゴラの施工後です。

8

白いベンチを囲むように作られたパーゴラは両サイドの花壇内に入っています。パーゴラの桟はベンチ前のレンガテラスの半円と合わせて弧を描くように並んでいます。半日陰の場所で、クレマチスやカロライナジャスミンが入っています。

9

花壇に設置された井桁格子のパネルフェンスです。駐車場の目隠しも兼ねています。

10

お客様が植えられたミニバラがお庭の借景の一部になり素敵です。お花もとてもかわいく、丈夫なバラです

横浜市 K様邸      レンガと鋳物フェンス  

「赤いレンガと緑の鋳物フェンス」と最初からイメージをお持ちのお客様。生垣からリフォームされた施工事例です。緑のアルミ鋳物フェンスは色を特注しました
1
2 Before

Before
ウバメガシとサツキの生垣が敷地の半分近くありました。

3

建物外壁のカラーとレンガの赤と鋳物フェンスのカラーが鮮やかなコントラストです。

4 Before

Before
間口が広く正面すべて生垣でした。

5

After
高さはレンガがH1.0m 鋳物フェンスはH0.8mです。

6

フェンスの設置部分のレンガ積は積み方わ変えています。見えなかった草花も見えるようになりました。

7

お庭です。植栽スペースをフェンスす前にとり、庭内から、道路から見てもバラや草花が見えます。

8

バラや草花が似合う借景です。これから変わっていくお庭が楽しみです。

横須賀市 O様邸     フェンスとパーゴラ  

リフォーム物件でご紹介させていただいているO様邸。フェンスやパーゴラ部分をBefore・Afterで詳しくご紹介。右の写真はお庭側のパーゴラ。木材はすべてハードウッドのウリン材を使用。メンテナンスフリーで20~30年ほど耐久性があります。
01
02

Before
通路側の写真です。以前は隣地境はレッドロビンの生垣でした。

03

After
生垣を撤去したことで通路幅が広がりました。ダイニングの窓からすぐ出れる使いやすい洗濯物干場になりました。洗濯物もお隣に迷惑が掛かりません。

04

Before
お庭側から見た生垣部分

05

After
フェンスの高さはデッキ上H1.6mほど。隙間は1.5㎝です。目隠しを気にされる方は隙間は2㎝以下を選ばれる方が多いです。

06

Before
リビングの窓から見たお庭部分です。敷地は変形しています。

07

After
変形した土地を逆に利用し、フォーカルポイントを造りました。レンガ積みの壁面は隣地の目隠しにもなっています。

08

お庭側からみたパーゴラ部分です。これからブドウが絡んでいくのが楽しみですね。