ゆるやかな美しい曲線を使ったデッキ②

今回は外側へむかう曲線を使ったウリン材デッキの特集です。
広がりのある場所になりますのでどうぞご覧ください。

見事な半円を描くデッキ。側面も薄い幕板が綺麗にカバーします。

 

 

角をなるべく無くしてまるくしたデッキ。

 

ラベンダーの香りにつつまれるデッキが素敵です。

ねこちゃんもホッとできる場所になりました。 

鏡面に映り込む景色がモダン美術館のようです。

 

ゆるやかな美しい曲線を使ったデッキ①

家の敷地の形によっては直線よりもカーブを描いたデッキの方が似合うときもあります。
今回は内側へ向かう曲線を使ったウリン材デッキの特集です。
なめらかなラインでエレガントなお庭になりますのでどうぞご覧ください。

 

 

外構からお庭へ。流れるような曲線で繋がっています。

 

 

デッキ斜めから大きめのステップで上がれるので、ゆったりと上がれます。

 

 

 

逗子市 T様邸      タイルテラス

リフォーム物件でもご紹介させて頂いているT様邸。お庭のテラス部分をご紹介させていただきます。
01
02

Before
日が当たる時間が限られ湿気がたまり易い立地のため、お庭部分が部分が陰った印象でした。

03

After
白いタイルでずいぶん明るくなりましたね!窓の掃出し下の高さにテラスを設定したため、お庭への出入りがしやすくなりました。

04

ワンちゃんのお散歩帰りによる、足洗い場。そのまま足が汚れないで、テラスを通ってリビングに上がれます。

05

水回りのタイルは奥様からのご提案で、汚れが目立たないグレーのタイルを選択しました。自然石、グレー、白、の3色のコントラストが綺麗ですね

06

お庭から駐車場への出入り部分、愛犬のアビちゃんが出ないように扉を設置。扉と白い壁面部分に◇型のくり抜きがあるのがわかるでしょうか?アビちゃんが顔だけちょこっとだせるようになっています。

横浜市 I様邸の庭

リフォーム物件でもご紹介させていただいているI様邸。テラスまわりを詳しくご紹介。痛んだウッドデッキの改修工事がご依頼のきっかけでした。ウッドデッキは手入れの楽なタイルテラスに変更。広いテラスになるので、上段はタイル、下段は自然石と素材を別けています。
01
02

Before
以前はレッドシダーのウッドデッキでした

04

After
広いタイルテラスにリフォーム。

03

上段が自然石風のタイル。下段が自然石です。素材感の違いが分かるでしょうか?

05

花壇はテラスから手入れできるようにデザイン。お部屋からも花壇が見えるように計算されています。

横浜市 T様邸 ルーフバルコニー

お庭のスペースが少ない為、外でご夫婦がくつろげるスペースとして駐車場の上を有効活用し、目隠し効果と風通しの良いルーバーフェンスをルーフデッキに取り付けています素材は、ハードウッドのウリン材とアルミ材を使用しています。ルーバーの板すき間は何度も見え方を確認しながら作成しました。
1
2 Before

Bfore
お庭のスペースとして使える部分が少なく、道路とフラットで視線も気になります

3

真正面からの視線はほとんどカットしてますが、風通しもきちんと確保しています。気兼ねのないくつろぎ空間ができました。ルーバーフェンスはアルミの柱の大きさに合わせて、1枚1枚加工しています。

4 (2)

玄間前からすぐに入れるのも便利ですね

5
6