鎌倉市 N様邸      敷地の有効活用  

古くからある間知石の境界ライン。間知石というのは斜めに積み上げていきますので、上がりきったところは本当の境界ラインより狭くなっています。鉄骨と耐久性のあるウリン材で垂直に組み上げ、本当の敷地ラインでお庭をリフォームしました。
01
02

ご提案時のパースです。

03

Before

04

毎日の洗濯物が干しやすいようにデザインされています。ネコが出入りしないように、デッキ下の隙間はすべて塞いでいます。

05

ガーデンシンクも設置しています。作業台付きなので、使いやすいですね!お子様が小さいので安全を考えて、縦フェンスでデザインしています。

06

Before
斜めの間知石部分。

07

After
境界ラインで鉄骨の柱を建てて、全体的に敷地を張り出しました。とても有効的に利用できます。

横浜市 W様邸      白いテラスのお庭   

とても芝が綺麗なW様邸。
その芝部分を少し減らして、椅子やテーブルを置けるスペースがご希望でした。バーベキューをしやすいようにメンテナンスが楽なタイルテラスでご提案。既存のステップを活用して、芝とフラットにすることで庭内のスペースが広く感じられます
01
02

Before
お手入れを丁寧にされているんだなぁ、と芝をみてわかります

03

After
芝部分は半分くらいになったでしょうか

04

タイルは真っ白ではありません。照り返しも考えて少しイエローが入っているものを選択しました。

05

石積みのベンチです。意外と大きいので寝転がることも可能!

06

本当にいつも芝が綺麗です。タイルとのコントラストが美しい!

横浜市 A様邸      変形デッキの庭  

お庭内に駐車場の天井擁壁部分があるA様邸。擁壁部分もお庭として利用できるようなプランがご希望でした。リビング前の掃出し窓から、擁壁部分までデッキで繋ぎ、擁壁部分も含めて大きなウッドデッキ&テラスが誕生です!
01
02

Before
リビング前の掃出し窓です。庭に降りるのにかなり段差がありますね。

03

Before
これが駐車場の天井擁壁部分です。庭内にあると唐突な印象です。

04
05

家との隙間もデッキ塞いでいます。一部点検口で開くようになっています。物置としても利用可能。

06

階段も収めがきれい!ネコが入らないように蹴上の隙間も板を貼っています。

07

舗装後の写真です。大胆に変形したウッドデッキはかっこいいですね!

逗子市 T様邸     テラス

テラスは日陰のスペースを利用した落ち着いた雰囲気の石貼りテラスです。シャラの木や周りの草花、ライトアップもされお部屋からの眺めも楽しめる素敵な空間になりました。デッキは使いやすさを重視でご提案させていただきました。
1
2 before

before
南側のお庭ですが、隣地の高い塀や建物でお庭の見せ場となるコーナーやお部屋からよく見えるスペースは日陰になる立地です。

3

弧を重ねた様なデザインです。これは、日の当たる部分と日陰になる位置で分けています。日の当たる場所は芝や、植栽管理をするのに段差なく動きやすくしています。

4

お庭の中を芝を歩かずまわれるようにとのご要望から芝をぐるりと自然石でまいています。

5

パーゴラに咲いている花はモッコウバラです。

6

デッキはご家族で七厘バーベキューなどをして楽しまれています。鉢植えなどの休憩場所にもされていつも目が届くようにされています。

7

デッキは庭内で一番使う場所。2部屋を繋ぎ、リビングから見えないスペースへ洗濯干し場をつくりました。

横浜市 S様邸     デッキ・テラス

デッキと花壇の一体型ウリンデッキです。お部屋からフラットに出れるデッキとお部屋から見えて、地面へ降りずにお花の管理ができます。パーゴラ部は、夏の日除けやネットをかけてグリーンカーテンの目隠しにもなります。
shioya03
shioya05

before
ダイニングの掃き出し窓から地面まで60㎝以上でとても降りにくい状況。また、向かいの建物が高くあまり日当たりはよくなく、視線が上からあるスペースでした。

shioya04

既存の梅の木を大事に残し、梅の枝が笠の様で素敵です。
広く緩やかな段差のステップはデッキと一体感があり広く感じます。

shioya02

デッキから見える草花はウリンデッキとよく似合っています。高さがあるので、地面より日が当たります。