【家庭菜園講座】土作りに必要な石灰はどれ?苦土石灰?有機石灰?

かきがら石灰

土作りには石灰が必要です。

と言われても、園芸店に行くと色んな石灰があって困ってしまいますよね?

今回は石灰の種類を解説していますので、あなたの家庭菜園に適した石灰を使って野菜を美味しく育てましょう。

石灰の違いは何なのか?

石灰はどれも土の酸度を中和するためのものですが、アルカリ性の強さ効き目が違います。

早く効くものが良いのか

安いものが良いのか

それとも有機物が良いのか

育てる野菜と畑の状態を見ながら、最適な石灰を選びましょう。

炭酸石灰

Limestone

炭酸石灰は石灰岩を削ってできたものです。単純に石の粉です。

精製したものでは無いので、アルカリ性も効き目も弱いのですが、植物と一緒にしても害がありません。

最近では粒の大きさが選べたりします。

顆粒が大きいものは、効き目が遅く長期間持ちます。顆粒が小さいと効き目は早いです。

炭酸石灰はこんな方にオススメ

・天然物が良い人

・安いものが良い人

・野菜を植える直前に撒きたい人

消石灰

炭酸石灰よりアルカリ性が強い石灰です

科学的に調合されたものなので即効性があります。値段も安いので畑の面積が広い場合に有効です。

アルカリ性が強いので直接植物の根に触れると焼けてしまいます。触れないように使いましょう。

消石灰はこんな人にオススメ

・畑が広い人

・安いものが良い人

・即効性が良い人

苦土石灰

苦土石灰は消石灰よりアルカリ性が低いですが、マグネシウムを豊富に含むので、土壌の中和と同時に養分になります。

また苦土石灰は酸性の水に溶けやすいので、雨が降った時に土に混ざります。そのためゆっくりですが長期的に土壌を中性に保ちます。

作物の葉が黄色になりやすい土壌はマグネシウム不足が考えられるので苦土石灰を撒くのが良いでしょう。

苦土石灰はこんな人にオススメ

・マグネシウムを入れたい人

・ゆっくり効いて欲しい人

有機石灰

有機石灰は主に貝殻を砕いたものです。

石灰成分だけでなくマグネシウムやホウ素などの栄養分が含まれるので値段は他と比べると高額。

水には溶けにくく、微生物の分解や植物の根から出る根酸(こんさん)によって溶け出す為、効き目はすごく遅いですが、植物の害がなく使いやすい石灰。

また、微生物のおかげで土が固くなりににくいです。

水などと反応して熱やガスが全く発生しないので、安全性はダントツです。

有機石灰はこんな人にオススメ

・ペットが庭にいる

・有機栽培をしている人

・ゆっくり効いて欲しい人

まとめ

なす

石灰にはそれぞれ特徴があります。

・炭酸石灰

効き目が弱い、緩行性(かんこうせい)

・消石灰

アルカリ性が強い、即効性

・苦土石灰

マグネシウムを豊富に含む、緩行性(かんこうせい)

・有機石灰

栄養豊富、緩行性(かんこうせい)

あなたの家庭菜園に合う石灰を選んで良い土壌を作りましょう。

土壌が良くなれば、後々かかる手間も少なくなりますよ!