魚との相性が最高なハーブ!フェンネル栽培の方法は?

ディル

フェンネルの特徴

フェンネルは魚のハーブと言われるほど魚料理と相性抜群。

魚の臭みを消し、脂を分解してくれます。

花から根まで全てが料理と薬に使えるので、全部無駄なく利用しちゃいましょう。

栽培に適した場所

日当たりが良いところを好みます。

またフェンネルは根をまっすぐ真下に張るので、小さい植木鉢ではよく育ちません。

直植えにするか深い鉢を使用して育てて下さい。

また直根性の植物に共通する特徴ですが、移植を嫌います。

苗床などは必要ないので、じかに育てたいところに植えてください。

種蒔き方法

種蒔き時期は春か秋、一箇所に4〜6粒づつ千鳥にして蒔きます。

日当たりが悪くなると生育が弱まってしまうので、発芽したら小さい芽から間引きをして下さい。

また、コリアンダー、ディルとは交雑しやすく、お互いの風味を消し合ってしまいますので、一緒に寄せ植えなどはしないで下さい。

株分け

フェンネルは春か秋に株分けをすることができます。

特に鉢植えの場合は2〜3年で根が回りますので、株分けか植え替えが必要です。

同じフェンネルでもフローレンスフェンネルは1年草なので、株分け等はできません。

切り戻し

フェンネルは多年草なので、秋に株元から切り戻しておけば、春にはまた芽が出てきます。

その他の季節は収穫が剪定を兼ねますので、風通しが悪くならないように放置しすぎないで下さい。

水やり

フェンネルは乾燥が苦手なので、土の表面が乾いたら水を上げて下さい。

梅雨の時期は雨で茎が倒れやすいので、土寄せしましょう。

害虫

フェンネルにはカメムシやキアゲハの幼虫がつきます。

見つけ次第補殺して下さい。

もし大量に発生している場合は茎ごと刈って菜園の外に持ち出してください。

病気

フェンネルは湿気が多いと病気になりやすいので、通気性を良くしてあげましょう。

収穫を兼ねて茎をすき込んであげる程度で問題ありません。

収穫

樹勢が増してきたらどんどん収穫して下さい。

花が咲き始めると樹勢が弱まってくるので、花が咲かないように頻繁に収穫して開花を送らせれば収穫期間を伸ばすことができます。

使用法

フェンネルは魚との相性が良く、一緒に焼いたり、魚介パスタに入れると料理のレベルが一段と上がります。

種も食べることができ、パンに混ぜ込んだり、ピクルスにしたりと色々活用することができますよ!

 

 

 

グリーンファームあい菜フローラではライン会員募集中

グリーンファームあいさいフローラを
ラインの友達に追加するだけで、
お得情報がもらえます!

 

こちら↓の【友だち追加】ボタンから簡単に追加できますよ!

友だち追加

一足早く1000名以上のお客様に
友達追加していただきましたが、
「旬のお花を安く買えた!」
「プレゼントがもらえて嬉しい」
と大好評!

 

>ライン会員について詳しく知る!<