【家庭菜園講座】簡単に室内で作れる野菜と屋内栽培のコツ 

お家の中で野菜を育てたいけど、太陽光ライトや水耕栽培キットを買ってまではやりたくない!

というあなたのために、室内でも簡単に育つ野菜をお教えします。

室内栽培のコツも合わせてご紹介します!

室内で育てられる野菜

レタス

春菊

カブ

ほうれん草

カモミール

バジル

イタリアンパセリ

しそ

ニラ

玉ねぎ

室内野菜の特徴

・低日照に強い

・秋冬野菜

・1年中栽培できる野菜

どれにもあてはまらなければ、室内で育てるのは難しいです。

育てるならできるだけ南西の日が長く当たる部屋で育てましょう。

また、室内で育てる以上日照不足は避けられません。そのため外で育てるよりも生育が遅くなります。

「いつまたっても大きくならないな」と思っても気長に待ちましょう。

室内で育てられない野菜

太陽が必要な野菜は室内では育てられません。

トマト

ナス

ピーマン

唐辛子

スイカ

メロン

きゅうり

トウモロコシ

室内で育てるコツは?

種から育ててみる

室内で野菜を育てる時は種から始めるのがおすすめです。

あなたのお家で野菜が育てられるかどうかは、実際にやって試して判断するのが確実。

家の環境はバラバラなので、簡単と言われる植物でも失敗する可能性があります。

実際に試すなら苗から育てるよりも、種から育てたほうが栽培できるかどうかの判断が早い段階で下せるんです。

ココまで育ったら失敗しない

種から育てて葉が大きくどっしりした株になれば、その植物は室内でもやっていけます。

逆に、いつまでも葉が小さくヒョロヒョロなら、その植物は日照不足です。もっと日の当たる所に置き換えるか諦めるしかありません。

太陽に当てる

畑画像

室内栽培でもできるだけ太陽に当てなければ植物は育ちません。

最低でも4〜6時間

日陰で大丈夫な野菜も一日に4〜6時間は日に当たらなければいけ無いので、足りない場合は園芸用の人工ライトを使って補いましょう。

透明な窓でも光を遮ってる

窓はどんなに透明でも遮光率が20%もあります。

例え窓際に植物を置いていても日照不足になる可能性大です。

ちなみに夏は太陽が高く室内まで陽の光が入ってきません。

室内栽培は夏こそ日照不足になりがちなんです。

まとめ

畑

室内でも野菜は育てられますが、簡単にできるものは少ないです。

しそ、ニラなどの葉物、ハーブ類なら低日照でも簡単ですが、それ以外は人工太陽や水耕栽培キットが必要になります。

どうしても試してみたい方は種から育てると、早い段階で育つかどうかが判断できるのでやってみて下さい。

 

 

◯グリーンファームあい菜フローラ店ではライン会員募集中!!

 

限定クーポン!
割引キャンペーン!

グリーンファームあいさいフローラを
ラインの友達に追加するだけで、
お得情報がもらえます!

 

こちら↓の【友だち追加】ボタンからさくっと追加できますよ!

友だち追加

一足早く1000名以上のお客様に
友達追加していただきましたが、
「旬のお花を安く買えた!」
「プレゼントがもらえて嬉しい」
と大好評!

 

あい菜フローラLINE@からの情報受信方法