家庭菜園で実践できるトマトの作り方

トマト

家庭菜園で育てたい定番野菜のトマト!

実はミニトマトなら初心者でも簡単に育てらます。

また自然農法で雑草を上手く利用すればトマトも手間をかけずに実らせることができるんです。

育てやすいトマト

初心者でも育てやすいトマトはミニトマト。

もともとトマトは乾燥地帯の植物なので、雨の多い日本で育てると実割れや病気になってしまう事が多いです。

そのため大玉のトマトより、実への影響が少ないミニトマトのほうが育てやすいと言えます。

トマトの育て方

トマトは生命力の強い野菜なので、わき芽やこぼれ種でもすくすく茎を伸ばします。

本葉が5,6枚になれば移植することも可能です。

種まき

トマトの土

トマトは加湿を嫌います。

水はけが良く通気性が高い畑に植えて下さい。

水はけが良くない場合高めの畝を作る必要があります。

別の記事で簡単にできるトマトの雨除け方法を紹介していますので参考にして下さい。

家庭菜園でもできるトマトの雨除け対策3選!裂果を防ぎ甘く育てる方法

種まきの位置

トマトは乾燥気味に育てなければいけないので、株間を離して日光が満遍なく届き、風通しを良くしなければいけません。

株間は50㎝、多くても2列で育てて下さい

種まきの時期

寒さに弱いので気温が高くなってきたら植えて下さい。

種まきの方法

種は点蒔きにします。

穴は直径15㎝にして1つの穴に5粒を重ならないように植え付けます。

土を戻したら軽く圧し、刈り取った雑草を蒔いて乾燥防止を施します。

【不耕起栽培流】野菜の種まき方法!すじ蒔き,点蒔きの方法

間引き

8〜10日ほどで発芽します。

丈夫そうなものを残して最終的には一箇所につき1本になるように調整して下さい。

誘引

トマトが伸びる前に支柱を立てておき、つるが長くなってきたらトマトを優しく誘引します。

もともとトマトは地這いの植物なので、無理に支柱に絡ませようとすると折れてしまいます。

強引に誘引せず時間をかけて支柱に絡ませてください。

トマトは横仕立てもできる

トマトはもともと地這い植物なので、縦仕立てにしてしまうと上の方の実に養分が十分に送れません。

もし畑にスペースがあるのなら横に仕立てたほうがトマトが美味しく、たくさん実ります。

美味しいトマトをつくる裏技!横仕立て栽培のメリットとやり方は?

摘心

摘心をしなくてもトマトは実ります。

自然にまかせ自由に伸ばしておけば十分です。

葉が増えて混み合ってきたらわき芽を摘む程度に剪定します。

雑草との付き合い方

トマトの好きな乾燥した状況を作るためにもトマトの近くの雑草は短く刈って通気性を良くしておきましょう。

発芽直後の小さいトマトは弱いので、雑草によって日陰にならないように特に注意が必要です。

収穫

開花したら40日ほどで実がつきます。

赤くなったものから順次収穫して下さい。

種採り

種が取れるのは完熟したトマトのみです。

ゼリー状の部分を洗い流して種を水に入れます。

この時に水に浮く種は未成熟の種なので沈んだものだけを採取して下さい。

日光で乾かせば、来年以降に使用できます。

病害虫

トマトは連作障害が起こりやすい作物です。

毎年同じところで育てるとうどん粉病や立ち枯れ病になりやすいので注意が必要です。

コンパニオンプランツを利用することで、病害虫の被害を最小にする事ができます。

トマトと相性の良いコンパニオンプランツ3種

まとめ

トマトはもともと生命力が強く、乾燥にも強いので初心者でも簡単に育てることができます。

トマトは連作障害が出やすくナス科の植物なので、ナスやじゃがいもを植えた後の畑でも育てないほうが良いですよ!

 

 

 

グリーンファームあい菜フローラではライン会員募集中

グリーンファームあいさいフローラを
ラインの友達に追加するだけで、
お得情報がもらえます!

 

こちら↓の【友だち追加】ボタンから簡単に追加できますよ!

友だち追加

一足早く1000名以上のお客様に
友達追加していただきましたが、
「旬のお花を安く買えた!」
「プレゼントがもらえて嬉しい」
と大好評!

 

>ライン会員について詳しく知る!<