スイカと相性の良いコンパニオンプランツ3種類

スイカ

スイカはほとんど手をかけなくても育ってくれますが、地中の病原菌による連作障害が出やすい一面も持っています。

今回はスイカの病気や害虫を防いでくれるコンパニオンプランツを3種類ご紹介します。

トウモロコシ

トウモロコシ

トウモロコシとスイカの相性が良い理由

乾燥を防ぐ

スイカのつるが地に這うため土の乾燥を防ぐことができます。

また雑草が生えるのも抑制してくれます

生物相が豊かになる

スイカととうもろこしは全く違う種類の作物です。

スイカは浅根で双子葉植物、とうもろこしは深根で単子葉植物なので、地中に住み着く微生物や、葉につく虫などのバランスが取れます。

様々な生物を畑に呼ぶことができるので、特定の害虫だけが付くということが少なくなります。

トウモロコシとスイカを育てるポイント

スイカの苗と同時期に種まき

とうもろこしはスイカの苗を植える時に同時に撒いて下さい。

とうもろこしを種を植える位置はスイカの真横でも問題ありません。

土作りはしっかり

とうもろこしもスイカもたっぷり栄養を必要とします。

かといって、元肥をあげすぎるとスイカもとうもろこしも茎やつるばかりが伸びて、実がつかなくなってしまいます。

肥料はほどほどにして時間をかけて肥沃な土で育ててあげて下さい。

すると放任でもよく実がつきます。

ネギ

ネギとスイカの相性が良い理由

害虫を防ぐ

スイカはウリ科の植物なのでウリハムシがスイカの葉を食べに来ます。

しかしウリハムシはネギの臭いが嫌いなのでスイカの近くに植えると忌避することができるんです。

病気を防ぐ

スイカの代表的な病気としてつる割れ病というものがあります。

症状は株元の葉が枯れ始め、茎に割れ目ができてしまいます。

原因は地中の菌で、高温多湿の環境だと活発に働き始めてしまいます。

しかしネギの根に共生する微生物と競合するため、スイカの近くにネギを植えておくとつる割れ病のリスクが減ります。

ネギとスイカを育てるポイント

ネギはスイカを囲むように植える

ネギは30㎝ほどに育ったものをスイカの苗と一緒に植えるのが効果的です。

背丈が違う植物なので、スイカの苗に密着するようにネギを植えても大丈夫です。

ネギは1本だけではなく、3本ほどを使ってスイカの苗を囲むように植えて下さい。

マリーゴールド

スイカとマリーゴールドの相性が良い理由

センチュウ対策になる

スイカなどのウリ科の植物の根にはセンチュウという微生物が寄生しやすく、もし寄生されてしまうと枯れて、その株から収穫することは不可能になってしまいます。

しかしマリーゴールドの根からはセンチュウを殺す成分が出ているので、スイカの近くで育てているとセンチュウ除けになります。

スイカとマリーゴールドを育てるポイント

マリーゴールドも畝に植える

マリーゴールドは1年草なのでスイカと同じ畝に植えてしまって大丈夫です。

またスイカと同じく加湿が苦手なので、スイカを育てていれば勝手にマリーゴールドも育ちます。

まとめ

スイカのコンパニオンプランツはこの3種類でした。

ともろこし
ネギ
マリーゴールド

スイカは放任でも育ちやすい植物ですが、ひとたび病気になると株が全てダメになってしまう事があります。

今回紹介した植物を一緒に植えることで病気の原因菌を最小限に抑えることができるのでぜひ試してみて下さい。

 

 

 

グリーンファームあい菜フローラではライン会員募集中

グリーンファームあいさいフローラを
ラインの友達に追加するだけで、
お得情報がもらえます!

 

こちら↓の【友だち追加】ボタンから簡単に追加できますよ!

友だち追加

一足早く1000名以上のお客様に
友達追加していただきましたが、
「旬のお花を安く買えた!」
「プレゼントがもらえて嬉しい」
と大好評!

 

>ライン会員について詳しく知る!<