駒込駅の方へ戻って直進すれば「六義園」である。

駅を通り過ぎるとすぐに「六義園」の門が見える。しかしこちら側の門からは入場ができない。私達は園を横手に見ながら入り口を目指して歩いた。「意外と歩きますねー。」ツルさんが先人を切って皆が思っている事を口にした。それを皮切りに私達も「遠いっすね~」とだらけて見せた。右手のビルの間からは園の木々が見え隠れしている。そうこうして入り口にたどり着き、入場料を払い「六義園」へと飛び込んだ。

画像上にかぶって見える木は

「すだじい」の大木です。

この木の下から見る池の様は

心さらわれます。

 

 

 

 

入園してすぐ「何か食べていい?」と言う私のわがままを2人は「またですか」と言いながらも、快くOKしてくれた。私は味噌田楽を注文して、「すだじい」の下で食べた。

味噌田楽を食べ終えると「よし行きますかっ!」と元気になる私に、2人は苦笑いで後に続いた。

りっぱな「タイサンボク」があちらこちらで花を

咲かせています。

迫力!満点!

 

 

 

 

 

少し奥に進むと日本庭園の定番風景、池が見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3人揃って池を眺めていると、エサをねだりに鯉が集まってきた。よくある風景だ・・・っと思ったのもつかの間、前編で述べた「亀地獄」の始まりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

次々に集まる亀・・・

さすがに気持ち悪さをおぼえる。

 

 

 

 

 

 

「亀地獄の池」を後に園内1周の続きに戻った。空はうす曇だったものの、緑が少ない光を拡散して良く映えて見えた。

緑の中を3人で長い時間歩いた。

私達は園内1周を終えて出口へと向かう。

 

 

 

 

 

 

出口付近の木々も苔生して風情を感じる。私達の日本庭園遊記も最終である。

 

 

 

 

 

 

 

 

1日で3つの庭園を巡った。

少しペースが速かった気もするが、

とても満足の行く旅となりました。

 

 

 

 

 

東京に沢山の緑を感じ、庭の作り手の思考をそれぞれの感覚で受け止めて、私達はそこで解散することになった。

「また行きますかね、ツルさん」私は小さく手を振った。

ブラックドッグ・セレナーデ

 



  1. It‘s quite in here! Why not leave a response?