午前の小山内健さんによるバラの講演が終了した。

バラソムリエとして全国で活躍している・・・っと言うよりは、TVチャンピオン「バラの花通選手権」でV2を

果したと言った方が分かりやすいのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん特設会場はすぐに満員となり、小山内さんの魅力あるバラの話は最後まで

私たちを放してはくれなかった。

そんな素晴らしい講演が終わった後の会場はやけに静かに感じる。

会場を通り抜け、先にある事務所の入り口へ向かおうとした時、その声は聞こえた。

「お~い・・・」

太く静かな、ゆっくりとしたその声には聞き覚えがある。

私はためらう事なく空を見上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタセコイア・・・

声の主は「メタセコイア」通常、園芸屋の間では「メタセコ」と略して呼ばれる事が多い。

少しだけ紹介させてもらうと、この木は「生きた化石」と呼ばれている樹木だ。

「シーラカンス」や「カブトガニ」、「ガラパゴスゾウガメ」などの動物型と同じで、

植物型の「生きた化石」なのだ。

「また、何をブツブツと言ってるんだ~い」

太い静かなゆっくりした声が、私の上に覆いかぶさる。

「あー、あんたかい。元気だったかい?」

私も釣られて、ゆっくりした口調で返事を返した。

メタセコは落葉樹のせいなのか、本当に無口で一年に一度、話すのか話さないかぐらいのペースで会話をする。

そして会話はいつも短い。

あの話し好きの常緑樹、クスノキとは対照的だ。まー、話せる木は限られているので、無口なのが落葉のせいなのかは比べようがないのだけれど。

「今日はやけに賑やかだったね~」

本当にゆっくりした口調に、調子を取られる・・・。

「あー、有名な方の講演があったからね」

「・・・・・」

「・・・・・」

「って会話、終わってんのかよっ!」

いつもながら本当に勝手に話を終わらせる奴だ。

私はちょっと、本気で頭に来ながらメタセコを殴る素振りを、空に向けて放った。

「ま、いいや・・・」

私は事務所への入り口へ急ぐことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言えば、だいぶメタセコの葉も落ちてきたな・・・・

メタセコの落葉が始まると、本格的な冬を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色づいた姫リンゴは寒さを一層引き立てる。

本来は暖色なのだから、暖かく感じてもよさそうなのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬が来るんだなー・・・

私は一度、メタセコに振り返り、

事務所の階段を上った。

 

ブラックドッグ・セレナーデ

 

 



  1. It‘s quite in here! Why not leave a response?