こんにちは、

すっかり初夏のような陽気になっていますね、ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしですか?

 

先日も少しご紹介しましたが、グリーンファームでは、夏野菜苗絶賛販売中!!

それと共に、夏野菜苗と一緒に植えて嬉しい、コンパニオンプランツもおすすめしています。

コンパニオンプランツとは、共栄作物または共存作物とも呼ばれ、一緒に育てると良い影響・効果をもたらす植物のことです。

野菜+ハーブの組み合わせが有名ですが、

一緒に植えると病気や害虫の被害を減らす、成長を促進させたり、美味しくさせるなどの効果が期待できます。

(組み合わせにより効果・効用は異なり、効果には差があります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはトマトの相棒、定番のスイートバジル!!

一緒に植えるとお互いに生育を促進し、風味もアップすると言われています。

また、ご存知の通り、お料理の相性もとてもいいのでとってもおすすめです。

まだ植えたことのない方はぜひ植えてみてください。

また、トマト以外でも、野菜の近くにバジルを育てておくことで、バジルのほうへアブラムシが移動して、野菜には付きにくくなるという性質があるそうです。

(その場合、バジルにはアブラムシがついてしまいますが、なるべくお薬を使いたくない方にはおすすめです。)

 

 

次に、コリアンダー。

別名『パクチー』や『香菜(シャンツァイ)』とも呼ばれます、アジア料理で近頃とても人気ですね!

豊富なビタミンとデトックス効果があり、美肌と健康にとても良いそうです。

独特の香りで苦手な方も多いかとは思いますが、

その香りでアブラムシやハダニコナガなどの被害を減らしてくれる効果があるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも、植えているとたっぷり食べられるのがサイコーに嬉しい!!

ベランダ菜園の方もぜひお試しください!!

Rでした。

 



  1. It‘s quite in here! Why not leave a response?